サンライトミーではマスクの着用、手指の消毒、手袋、換気、ソーシャルディスタンスを実施し、新型コロナ感染予防対策を行って運営しております。

サンライトミー設立の想い

「頑張らなくても楽になる」で笑顔の人生に。

株式会社サンライトミー代表取締役岩木博美私は10年以上、看護師として勤務しました。個人整形外科クリニックで同じ患者さんが、何年も同じ症状のまま通い続けている姿を見ました。多くの方は自ら行う運動によって自分で症状を軽減することができる事を学んでいた私は、それを患者さんに具体的に伝えてみました。「こんな簡単な運動で楽になるならきちんと時間を作って教えて欲しい・・・。」
そんな患者さんの想いを知り、看護師として勤務しながら、フィットネスの資格を取得。
エアロビクス、アクアビクス、ヨガの指導を行いながらも、身体の不調を抱えた方が、自分で自分の身体をメンテナンスできる運動方法を伝える講座を開講しました。あっという間に講座は口コミで満員となり、増設。次第に腰痛や膝痛に悩む方たちへの運動指導が主となっていきました。
そこでこのメソットを「頑張らない運動術」と名付け、講演会やラジオ、コープぎふさんの機関紙などでも紹介させて頂ける様になりました。
運動が苦手な方は運動へのイメージがマイナスなことが多く、体験して頂くと、「こんな簡単な運動で、こんなに楽になるなんて」と笑顔で喜んでくださいます。「頑張らなくても楽になる」で笑顔の人生に導く仕事を自分の使命だと思い「頑張らない体操」「頑張らないヨガ」を毎日伝えています。
また継続してくださるお客様は皆、口を揃えて「楽しいから続けられる」と言ってくださいます。
「今までにない楽しいを日常に。」を経営理念として掲げ、
頑張らなくても楽になる、楽しい運動術で、誰の世話にもなりたくない!自立したい!の想いを応援する会社を作りたいと思いました。
更に、参加者とその家族の笑顔を地域全体へ広げていきたいと思います。看護師としての知識や経験が皆さんの安心に繋がっているのは嬉しいことです。
2015年には健康運動指導士会岐阜県支部の理事となり、運動指導者の育成に携わらせて頂いたり、自社でも専属インストラクターを育成し、この体操を多くの方に受講して頂ける様になりました。また株式会社サンライトフィットネスを立ち上げ、スタッフと共に企業様やイベント、市町村様など、より幅広い場所で展開して行く事に成功してきました。
2020年2月には社名を株式会社サンライトミーに変更しました。フィットネス事業は今まで通り『サンライトフィットネス』として残し、自分で自分の身体をメンテナンスする知識とモチベーションを高齢者のみでなく、身体の不調を抱えた働き盛りの若い世代にも伝えていきたいと思いました。更にフィットネス事業のみでなく女性の活躍を応援する人材育成事業や、地域の活性化事業にも活動を広げて行く為です。
「誰もが誰よりも幸福に生きる世の中を作りたい」という10年後のビジョンを目指して、女性活用の新しい職業を広め、社会課題解決型ビジネスを認知させて行っていきたいと思っています。
人生100年時代を生きる私たちの人生設計がより楽しいものである為に、自分で直す知識とモチベーションを得て、明るく元気でいられる習慣作りに貢献して行ける様に頑張っていきます。

株式会社サンライトミー 代表取締役 岩木 博美

経営理念

今までにない楽しいを日常に。
頑張らなくても楽になる、頑張らない運動術で、「誰の世話にもなりたくない!」「自立したい!」という想いを応援し、参加者とその家族の笑顔を地域全体へ広げます。

経営ビジョン

誰もが誰よりも幸福に生きられる世の中をつくる。

ミッション

明るく元気でいられる習慣づくりに寄り添う。
自分でケアできる知識とモチベーションを与え、楽しい人生100年時代を生きる人生設計をサポートします。

ブランド・アイデンティティ

笑顔の花咲く人生を

ロゴマークの意味

サンライトミーロゴサンライトミーロゴマーク
「笑顔の花咲く人生を」というブランド・アイデンティティをカタチにし、経営理念「今までにない楽しいを日常に。」を表現しました。
カラフルな色合いは、多様性のある人生を表し、「誰もが誰よりも幸福に生きられる世の中をつくる」というビジョンの元、様々な方々がサンライトミーに関わり調和しながら地域全体に笑顔が広がり、「自分の人生」を大切にする一人ひとりを太陽のように輝かせる存在でありたいという想いを込めています。

頑張らない運動術頑張らない運動術ロゴマーク
「頑張らなくても楽になる」で笑顔の人生に導きたい!という設立時からの変わらぬ想いを元に、楽しさ、明るさ、ハツラツ、可愛さを表現しました。
私たちと関わる方々と共に「頑張らない運動術」が波紋のように日本に、世界に広がり、自立した輝く人々を増やし、笑顔とつながりを作っていきたいという願いを込めています。

岩木博美経歴

1994年 神戸大学医療技術短期大学部(現在の神戸大学医学部保険学科看護学専攻科)を卒業
岐阜大学医学部附属病院に看護師として就職。
2006年 日本遠隔医療学会学術大会にて『在宅健康管理システムの有用性』の論文を発表。在宅での健康管理の重要性を認識し、在宅で行える運動指導を始める。
看護師として勤務しながら、フィットネスの資格を取得。
2007年 スポーツクラブを中心に、エアロビクス、アクアビクス、ヨガの指導を行う。しかし、整形外科での長い勤務経験から、次第に腰痛や膝痛に悩む方たちへの運動指導が主となっていく。
2009年 健康運動指導士の資格を取得。
いわきメソッド『頑張らない体操』を開発。
この頃より岐阜県内多数の市町村、介護施設、公共施設 学校等での介護予防講座や健康講座等が活動の中心となる。
2013年 NPO法人 いきいきのびのび協会づくり協会講師として、指導者の育成にも携わる。
2014年 毎月コープぎふが発行する機関誌「DECO」に「がんばらない運動術」を執筆を開始。現在も執筆中。
2015年 健康運動指導士会岐阜県理事となる。
2016年 株式会社サンライトフィットネスを設立。
2020年 株式会社サンライトミーに社名変更。
現在は、企業での講演会講師としても活動中。

保有資格

看護師、健康運動指導士(日本健康運動指導士会岐阜県理事)
いきいきのびのび健康づくり協会講師 機能改善体操指導員
歩く人インストラクター、シナプソロジーアドバンスインストラクター
メンタルヘルスマネジメントⅡ種、PFAヨガコーチ、天城流湯治士

頑張らない運動術とは

頑張らない運動術看護師としての経験と知識を基に、フレキシブルに様々な分野の考え方を取り入れ、わかりやすく表現し、頑張らない事が最大の特徴である「機能改善体操」を基にしたエクササイズです。
誰でも気持ちよく動ける体操や、簡単に自分で行えるコンディショニングを合わせて行うことで、より楽になる、効果的なエクササイズ方法を考案し、好評となっています。
サンライトミーは、この頑張らない運動術をベースに4つの事業を展開し、誰一人取り残さない健康習慣づくりを支援し、理念、ビジョンの実現を目指しています。
※「頑張らない運動術」は商標登録申請中です。
サンライトミー事業一覧